第五期受講生申し込み受付中
os1_01
os1_02
os1_03

第1回のオープンスクールは190名を超える申し込みがあり、急遽開催場所を須木の「せせらぎ館」に移して開催しました。「鳥田町いちょう太鼓」をオープニングアクトに迎え、特産の焼き栗のふるまいなどもあり、ワクワク・ドキドキの開催でした。

1時間目の長澤秀行先生の授業は『熱中小学校への道!』

os1_04
os1_05

研究者としての生い立ちから始まり、専門の「寄生虫」の研究会成果や人への影響などを分かりやすく説明していただきました。また、帯広畜産大学の学長になられ、学生教育の視点や人材育成の重要性について語られました。

2時間目の山崎史郎先生の授業は『地方創生を考える』

os1_06
os1_07

元内閣府の地方創生の責任者の講義は映画『シン・ゴジラ』の話から始まりました。東北震災時に官邸の現場にいた方ならではのリアリティー満載の話から、将来の日本を見据えての、少子化問題や都市部への人口流出などを小林市の人口動態データを使っての説明は、小林市のおかれた現状をきちんと伝える授業でした。

3時間目の中村寛治先生の授業は『これが動画力だ!』

os1_08
os1_09

小林市のPR動画を2本、須木地区のPR動画3本作成されての授業は、「笑い」と「なるほど」が交互にやってくる受講者参加型の授業でした。情報伝達の手段としての動画の優位性や編集によるインパクトの差など、ものすごく実践的な授業でもありました。

放課後補習授業(懇親会)

os1_10
os1_11

放課後補習授業(懇親会)は須木酒造の内田杜氏が特別講師の「杜氏さんに聞く焼酎の魅力」でした。利き酒と焼酎の蘊蓄に受講者は大満足。ここから「宮崎こばやし焼酎一貫校」のネーミングが囁き始められました

特別授業

os1_12
os1_13

2日目の特別授業は齋藤義明先生の「世界にひとつ 全国の熱中小学校各校と小林の水を合わせてMY楽器作り&即興演奏会」
空き缶を使っての「水カンリンバ」の制作は、これぞ7歳の目。参加者はお目目きらきらの楽しい図画工作の授業でした。楽器完成後にはピエロのハッシーが特別参加し、心を合わせての即興演奏会を行いました。