第6期スケジュール

令和元年10月19日(土)13:00~

入学式・オリエンテーション(13:00~13:30)

入学式

合同授業(13:40~17:15)

犬飼 博士 教諭

犬飼 博士先生
ゲーム監督 eスポーツプロデューサー

ゲーム監督、eスポーツプロデューサー。
つながりと笑顔を生むツールとして、ゲームとスポーツに着目。 「ワールドサイバーゲームス」「サイバーアスリートプロフェッショナルリーグ」「eスポーツワールドカップ」等世界大会の予選を国内で開催し日本代表を引率。 大会運営等を手がける。 スポーツとITを融合した「eスポーツグラウンド」や「スポーツタイムマシン」等の作品発表。 現代的なスポーツマンシップとしてスペースマンシップを提唱。 人工知能を巻き込んだ次世代の「遊び」を研究開発中。熱中小学校では米司先生とともに、これまでにない運動会の種目開発にあたる。
米司 隆明 教諭

米司 隆明先生
運動会屋 NPO法人ジャパンスポーツ コミュニケーションズ代表理事

運動会屋(NPO法人ジャパンスポーツコミュニケーションズ 代表理事)
1980年山口県生まれ。各種スポーツの大会・イベントの企画運営、企業向けの研修や福利厚生事業の請負などを行う。運動会の企画運営を行う「運動会屋」は、2015年は162件の運動会をプロデュース。国内だけでなく、海外でも運動会を展開している。

10/20(日) こばやし熱中運動会 13:00スタート予定

CsnZJddUIAACcmY

”創る” ”楽しむ”運動会。 こんな競技見たことがない。

会場 生駒高原コスモホール

大人も子供も高齢者も、熱中小学校の受講生が生み出した、見たこともない競技で運動会が開催されます。刺激とアイデアが満載の第一回こばやし熱中運動会。生駒高原のコスモホールにて開催です。

令和元年 11月16日(土)13:00~

1時間目(13:00~14:00)

13435457_789780904490057_7475197874430133805_n

荒木 健太郎先生
雲研究者 気象庁気象研究所予報研究部 第三研究室研究官 博士

雲研究者。気象庁気象研究所予報研究部第三研究室研究官博士(学術)。1984年生まれ。茨城県出身、慶應義塾大学経済学部を経て気象庁気象大学校卒業。地方気象台で予報・観測業務に従事した後,現職に至る。専門は雲科学・気象学・防災・減災のために,豪雨・豪雪・竜巻などによる気象災害をもたらす雲の仕組み,雲の物理学の研究に取り組んでいる。著書に『ろっかのきせつ』『せきらんうんのいっしょう』『世界でいちばん素敵な雲の教室』『雲を愛する技術』『雲の中では何が起こっているのか』など。

2時間目(14:10~15:10)

中川 裕之 写真

中川 裕之先生
(株)ノラワークスジャパン 運営統括責任者

1961年生まれ。十勝南部の広尾町出身。十勝港で貸倉庫業やレストラン事業などを営む傍ら、2009年真冬に収穫するマンゴーの栽培を始動。温泉熱や雪氷冷熱などの自然エネルギーを活用して、極寒の北海道で栽培に取り組み、クリスマスや年末年始の贈答用として人気が高まっている。日本商工会議所ビジネスプランコンテストでグランプリ受賞、経済産業省の世界に発信できる農業全国10モデル選出、新エネルギー財団の新エネ大賞受賞。

3時間目(15:20~16:20)

浅田一憲教諭

浅田 一憲先生
TEDxSapporo理事 熱中小学校江丹別分校 校長

医学とメディアデザイン学の2つの博士号を持つ札幌在住の独立系研究者。
1997年に情報セキュリティ技術専門会社オープンループを起業、社長として2001年に同社を上場に導く。現在は複数の専門分野(IT、暗号学、医学、数学、メディアデザイン学、色彩学)をもつ独立系研究者として活躍。色弱の人ために色を見分けやすくする「色のめがね」、色弱の人の色の見え方がわかる「色のシミュレータ」、老視・白内障・弱視などの人ための視覚を補助する「明るく大きく」等のアプリを開発し、すべて無償でリリースしている。これらは、約100カ国で約50万人以上の人々に愛用されている。

総合学習の時間(16:30~17:15)

MVI_0735.MP4_000003820

令和元年 12月21日(土)13:00~

1時間目(13:00~14:00)

岩崎 由美 教諭

岩崎 由美先生
日本エコツーリズムセンター世話人

エコツアーガイド
日本エコツーリズムセンター世話人、日本エコツーリズム協会「このガイドさんに会いたい100人」のひとり。(株)自然環境研究センター在職中、八丈ビジターセンターに解説員として赴任。2000年にエコツアーを提供するProject WAVE(プロジェクト・ウェーブ)を設立。自然や文化を通じて島の素晴らしさを楽しんで頂くと共に、その体験が身の回りの自然をみつめ直すきっかけになるようにと願いつつツアーを提供している。

2時間目(14:10~15:10)

新田信行

新田 信行先生
第一勧業信用組合 理事長

1956年生まれ、千葉県出身。一橋大学法学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)へ入行。重要ポストを歴任し、2011年に常務執行役員に。その後、2013年に第一勧業信用組合の理事長に転身。さまざまな経営改革に取り組み、職員の目利き力を伸ばし、信用を供与するリレーションシップバンキングで中小企業を支援しようと日々奔走している。多様なコミュニティローンを作り、地域の「まちづくり」にも注力中。2016年に黄綬褒章を受章。

3時間目(15:20~16:20)

小杉博俊

小杉 博俊先生
紙の仕事人

1942年やらまいか精神溢れる遠州生まれ。世に無いモノを創りたいとプロダクトデザインを学び、へりくつ発想で世界初のモノ(デジタル式体温計「けんおんくん®」、女性向け手帳「レノマ手帳」、CDを90円で郵送できる「CDメールパック®」など)を提案し続け、その多くをロングセラー商品に育ててきました。また伝統を重んじる出雲大社に御本殿大屋根の檜皮を紙に再利用する提案など、分野にとらわれないモノづくりをしてきました。最近は「紙のエレクトロニクス応用研究会」を立上げ、導電性銀ナノインクや目に目難いコード技術を活用して「紙のデジタル化」に夢中になっています。

総合学習の時間(16:30~17:15)

0421_07

令和2年 1月18日(土)13:00~

1時間目(13:00~14:00)

山寺 純002教諭

山寺 純先生
株式会社 Eyes,JAPAN 代表取締役社長

株式会社Eyes, JAPAN代表取締役/ユニコーン 兼チーフ・カオス・オフィサー 地元の高校卒業後、東京ディズニーランドでジャングルクルーズの船長のアルバイトなどを経て、1993年、日本で初めてのコンピュータサイエンスの単科大学である会津大学の事務局で通訳翻訳員として働き、インターネットに出会う。1995年に大学生とともに会津大学初のITスタートアップ企業「あいづ・ジャパン」を創業。以来「2001年宇宙の旅」の著者でも知られるアーサー・クラークの「優れたテクノロジーは魔法と区別がつかない」をビジョンに掲げ、国内外問わずウェブ、コンピュータグラフィックス、オープンンソース、ハッカソン、ヘルスケア、セキュリティ、IoTなど様々な領域のテクノロジーのエッジで活躍。2013年には、アメリカ・カリフォルニアで行われた「Health 2.0」の第7回ハッカソンに日本代表として参加し、優勝。世界各国の77地区の代表チームの頂点に立った。

2時間目(14:10~15:10)

畠中智子

畠中 智子先生
株式会社わらびの 代表取締役

1959年高知県旧香北町蕨野(わらびの)生まれ。1992年に「高知のまちづくりを考える会」発足後、市民誰もが自由に気軽に参加できる会議スタイルとして「ワークショップ」手法に注目。まちづくり、福祉、教育、人権、商品開発など、参加型の場面ならばジャンルを問わずワークショップのファシリテーターとして活動。2012年12月12日、まちづくりや地域おこし、一次産業の振興などに関わる企画実践を主とした「株式会社わらびの」を設立。

3時間目(15:20~16:20)

木田 幹久 教諭

木田 幹久先生
(株)三菱総合研究所 研究員

1992年東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了、1992年(株)三菱総合研究所入社
20代の米国バージニア州派遣時代に日本のサラリーマン社会を外から眺める視点を得、また、30代の大手銀行への長期出向経験から社外志向型の仕事の流儀を身につけました。現在は同社においてビッグデータやFinTech、IoT活用事業を推進するコンサルティング部隊をリーダーとして牽引する傍ら、休日は大自然の中でスキーや自転車(ロードバイク)を愉しむ生活。 「仕事と遊びの両立」をテーマに、これからの働き方・生き方について皆さんとともに学び、熱中できたらと願っています。

総合学習の時間(16:30~17:15)

0421_07

令和2年 2月15日(土)13:00~ オープンスクール

オリエンテーション(13:00~13:30)

DJI_0167.MP4_000003753

1時間目(13:40~14:45)

外村仁002

外村 仁先生
スクラムベンチャーズ パートナー

'東京大学工学部卒業後、戦略コンサルティング会社ベイン & カンパニーで外資系および日系企業の経営コンサルティングに従事。1992年よりアップルコンピューター社で市場開発やマーケティング本部長職などを歴任。INSEADで夫人がMBAを取得する間主夫としてサポートしながら料理に目覚め、翌年スイスの国際経営大学院(IMD)でMBAを取得。
2000年、シリコンバレーにてストリーミング技術のベンチャーGeneric Mediaを共同創業し、資金調達から売却までを経験する。その後、First Group を創業、2010年からはエバーノートジャパン会長を務めた。2012年、日経ビシネス「次代を創る100人」に選出。

2時間目(14:55~16:00)

寺本英仁

寺本 英仁先生
島根県邑南町 役場職員、 邑南町観光協会 常務理事

島根県邑南町 役場職員、 邑南町観光協会 常務理事1971年生まれ。東京農業大学卒。島根県邑南町農林振興課 食と農の産業戦略室 係長として、地場産品発掘・ブランド化、定住促進、観光振興・交流、若者自立支援などを担当。総務省「地域力創造アドバイザー」を兼務。全国の自治体から注目されている町おこしのトップランナー。邑南町のA級グルメのまちの仕掛け人。他にも道の駅、町営イタリアンレストラン、食の学校、耕すシェフの研修制度など、大胆な事業を打ち出し、答えは地域にあると、10年後の先を見据えながら邑南町を盛り上げる熱血公務員。2016年9月NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にて特集。

3時間目(15:20~16:20)

奥田正行

奥田 政行先生
イタリア料理店「アル・ケッチァーノ」
オーナーシェフ

1969年山形県出身。 高校卒業後、東京のイタリアン、フレンチなどで働く。26歳で帰郷し、鶴岡ワシントンホテルに就職、翌年料理長に就任。98年、農家レストラン「穂波街道」で2年間シェフを務め、00年独立。07年隣地にカフェ&ドルチェの店「イル・ケッチァーノ」を、09年、東京・銀座に「ヤマガタ サンダンデロ」を開店。05年より「食の都庄内」親善大使、一昨年、農林水産省「料理マスターズ」第1回受賞者に選ばれる。

令和2年 3月21日(土)13:00~ 第6期修了式

1時間目(13:00~14:05)

20151229215959

新竹 積先生
沖縄科学技術学院大学 教授

1955年、宮崎県生まれ。沖縄科学技術大学院大学教授。量子波光学顕微鏡ユニット代表。工学博士。1977年、九州大学工学部応用原子核工学科卒業。1983年、同大学院工学研究科で博士号を取得。同年から2001年まで高エネルギー加速器研究所に所属し、トリスタン計画、B-ファクトリー計画、スタンフォード線形加速器センターSLAC(現 SLAC国立加速器研究所)、理化学研究所のX線自由電子レーザー施設SACLAなどの開発に携わり、理化学研究所を経て、2011年から現職。US Particle Accelerator School Award、日本加速器学会奨励賞、RIKEN技術貢献賞、FEL Prize、欧州物理学会Gersch Budker Prize、応用物理学会光・量子エレクトロニクス業績賞など、多数の賞を受賞している。

2時間目(14:15~15:20)

村上 健 教諭

村上 健先生
株式会社高畠ワイナリー
代表取締役社長

高畠ワイナリー株式会社代表取締役社長
高畠町生まれ。1990年に当時の高畠ワイン株式会社に入社し、2003年執行役員に就任。2007年からは取締役営業部長として業務にあたる。2009年常務取締役、その2年後の2011年より代表取締役社長として事業を行っている。熱中小学校では「ぶどう畑再生プロジェクト」の監修を行う。

3時間目(15:30~16:35)

加渡-いづみ 002教諭

加渡 いづみ先生
四国大学短期大学部教授 CFPファイナンシャル・プランナー
消費生活アドバイザー

専門はライフプランニング。ワークライフバランスやマネープランニング、キャリアデザインの視点から、個人や家庭、地域、教育機関など各主体が取り組むべき課題や体系的な教育啓発方法について研究を行っている。また、大学での教育活動の他、県内外で消費者問題、生活経済、ライフプランニングなどの分野で講演活動を行う。現在、「ゴジカル!」では水曜コメンテーターを務め、お金と暮らしの気になる話題を解説するコーナー「くらしの泉」を担当している。徳島県消費生活審議会会長、徳島県働く女性応援ネットワーク会議会長。

修了式(16:45~17:15)

修了式